セラミック治療 CERAMIC RECONSTRUCTION

当医院では歯のインレー(詰め物)クラウン(被せ物)の治療をセレックのセラミック治療で行っています。





治療費

インレー(詰め物)
大臼歯 46,200円(税込)ジルコニア使用
小臼歯 39,600円(税込)セラミック使用
但し半分被せる時は46,200円(税抜)ジルコニア使用

クラウン(被せ物)
大臼歯 84,700円(税込)ジルコニア使用
小臼歯 84,700円(税込)ジルコニア使用

当院ジルコニアセラミックは「ノリタケ製カタナジルコニアセラミック」を使用しています

「CERAMIC RECONSTRUCTION」(セラミック修復)」の略でコンピュータ制御により
歯の修復物を設計・作製する「CAD/CAM」システムです。
セレックを利用して、銀歯などを修復する治療のことを「セレック治療」と言います。



耐久性・残存率・審美性

セレック治療は保険治療と比べ耐久性に優れており、長持ちする傾向にあります。
保険治療は被せ物と歯と接着が弱く、隙間から虫歯になる危険性があります。一方
セレックでは、修復物と歯の接着が強く、隙間から虫歯が入りにくいです。また、使用
している素材の都合上、セレック治療に使用される修復物のほうが耐久性が高く
10年後の残存率も高いと言われています。
保険治療で使用されているレジン(コンポジットレジン=CR)と呼ばれるプラスチックの
ような素材で、白い歯を手に入れることはできますが、セレック治療と比べると審美性は
低くなります。審美性を気にされる方はセレック治療をお勧めいたします。

 

作製方法


セレック治療では、CAD/CAMシステムを使用し、歯科医師が歯の修復物を設計・製作を
します。一方、セラミック治療では型取りを行い、歯科技工士が型取りをした模型に合わせて
修復物の製作します。
セレック治療は作製上ひずみが少なくなり精度が格段と向上し、さらに歯を削った歯科医師が
作成しますので細部まで確認できます。また歯の型取りにはネトネトした印象材をお口の中に
入れませんので快適です。

治療期間の違い

セレック治療の治療期間は最短1日で終了します。
(現在コロナ渦のため1日の患者様の人数制限をしております、そのため1日治療はお受けしておりません)
一方セラミック治療では作製期間分の時間が必要となるため、最低でも7日以上の期間が必要となります。

治療費の違い

セラミック治療と比較すると、セレック治療は比較的安価な治療費です。
しかし、前歯部のように審美性(見た目の美しさ)を重視する場合は従来のセラミック治療をお勧めいたします。